img_899235_26610482_3

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:36:01.20 ID:BcpBWavc0
それはトランクスが11歳の誕生日を迎えてしばらくのことであった。

トランクス「ねぇねぇパパ!これ見てよ!」

ベジータ「何?手紙だと?トランクスにか」

トランクス「うん!今年からホグワーツってところに入学しないかって……」

ベジータ「チッ、くだらん、なにがホグワーツ魔法学校だ!」 ビリッ

トランクス「あっ!」

ベジータ「そんなことに気をとられている暇があったら修行をしろ、分かったな!」

トランクス「ちぇー……」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:39:41.88 ID:BcpBWavc0
翌日

ブルマ「ねぇちょっとベジータ!これ見て!」

ベジータ「なんだこいつは、手紙か」

ブルマ「そうなの、全部トランクス宛てなんだけど全部で10通もあるのよ」

ベジータ「チッ…また昨日と同じイタズラか、舐めやがって……!」 キッ

ベジータが手紙を睨みつけると同時に手紙が全て蒸発する

バジータ「全くくだらんイタズラをしやがって……魔法なんてものがあってたまるか!」

ブルマ「あんたが言っても説得力無いわよ」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:40:14.97 ID:dgkc13Rj0
おい不意打ちやめろ

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:42:02.88 ID:x5j+xDhuO
つづけろください



▼中間人気記事(外部サイト)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:45:51.82 ID:BcpBWavc0
更に翌日

ベジータ「クソッタレ!なんだこの手紙は!」

ベジータの眼前には玄関に山と積まれた手紙があった

ベジータ「飽きもせず何度も何度も……くだらん奴め!」 キッ

前日と同じように手紙を睨み付けて蒸発させる、が

ベジータ「ふん、今度同じようなことをしやがったら……うおおおっ!!?」 バババババ

手紙を消し去った瞬間、家中のドアや窓から何百枚もの手紙が舞い込んできた

ブルマ「ちょちょ、ちょっと何なのよ!ベジータ!」

ベジータ「ええい!やかましい!この俺をコケにしやがっ……ぶふっ」 ババババババ

ベジータ「くそっ、ぶふっ、このっ……うぶっっ!」 ババババババ

ベジータ「……きっさまらああああああああああああ!!!!!」 ボゥッ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:52:44.29 ID:BcpBWavc0
ベジータ「誰の仕業か知らないがフザけやがって!!許さんぞ!!」 シュイン シュイン

ブルマ「ちょ、ちょっとベジータ!」

ベジータ「ふん……見ていろブルマ、こんなものは全部消し去ってやる!!」

ベジータ「はっはっはー!手紙どもめ!食らいやがれぇぇぇーっ!!」 バチバチバチ

ベジータ「はあああっ!!ファイナルフラァァーーーッシュ!!!!」 ズオオオッ

超ベジータ渾身のエネルギー波が大量の手紙を消し去り、空へ向け放たれた!

ベジータ「……ふん、見ろブルマ!何が何だか分からんがこれで……」 バサッ

ベジータ「なっ、なにっ!まさか……うおおおっ!!」 ババババババ

ベジータ「くっ、このっ……く、クソッタレェェェーーーッ!!!!」 ババババババ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:54:39.03 ID:IH5mmo/M0
ファイナルフラッシュ使っちゃったよwwwwww

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 14:56:35.27 ID:HRJXbW3t0
シュインシュインくそふいたwwwwww

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:01:47.02 ID:BcpBWavc0
数時間後、そこには一部がベジータの攻撃の余波で破壊され、手紙に埋もれたCCの姿があった

ブルマ「はー……何なのよもう本当に……」

トランクス「ただいまー……うわっ!ママこれどうしたの!?」

ブルマ「私が聞きたいわよ!」

ベジータ「くそっ……誰の仕業かもどうやったのかも分からん……こ、この俺が……」 ワナワナ

ヤムチャ「あ、おーいベジータ!」

ベジータ「ヤムチャ!貴様の仕業かぁ!!」

ヤムチャ「へ?」

ブルマ「ちょ、ちょっとよしなさいよベジータ!そんなわけないじゃない!」

ベジータ「ちぃっ……」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:02:48.46 ID:FnnP36JN0
なんだこれ…
構わん続けろ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:06:50.27 ID:BcpBWavc0
ヤムチャ「はは、でも思った通り手紙に困ってるみたいだな」

ベジータ「思った通りだと……貴様やはり何か知っているな!?」

ヤムチャ「まあな、実は俺ちょっと今このホグワーツってところで森番のバイトしてるんだ」

トランクス「えっ!じゃあやっぱり魔法学校って本当にあるの!?」

ヤムチャ「ああ、そんで今日は俺がお前らに案内してやろうってことさ」

ベジータ「チッ……知っていたなら最初から言いやがれ!!」

ヤムチャ「悪い悪い、ちょっとベジータが手紙にどうするのか気になってさ」

ベジータ「貴様ぁ……!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:11:59.21 ID:BcpBWavc0
ヤムチャ「それで、ここがダイアゴン横丁だ、ここで色々と揃えようぜ」

トランクス「へぇー、すごいや!!」

ベジータ「チッ……」

ヤムチャ「なんだよベジータ、もっと楽しもうぜ」

ベジータ「やかましい、なにより貴様に偉そうにされるのが気に食わん……!」

ヤムチャ「おいおい、別に偉そうにしてる気は……」

トランクス「ねぇ、ヤムチャさん!あの店って何の店なの!?」

ヤムチャ「おっ、そこは杖の店だな、早速買ってみるか!」

ベジータ「ヤムチャ貴様ぁ!トランクスを勝手に連れ回すな!!」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:21:00.61 ID:BcpBWavc0
ヤムチャ「よっと……これで一通り揃ったな」

トランクス「へへーん、後で悟天に自慢しよーっと」

マルフォイ「おや、君も新入生なのかい?」

トランクス「ん?そうだよ、君も?」

マルフォイ「ああ、僕の名前はドラコ・マルフォイ、父上も母上も純潔の魔法使いさ、君は?」

トランクス「へへ、僕のママは天才研究者でパパはサイヤ人の王子なんだ」

マルフォイ「サイヤ人wwwwwwwwwwwwwwwww」

クラッブ「聞いたことないなあwwwwwそんなのwwwwwwwwwww」

ゴイル「きっとマグルなんだろwwwwwww田舎臭い顔してるぜwwwwwww」


ベジータ「……おい」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:24:37.59 ID:zJTCOT4p0
マルサイヤ「フォイ人wwwwwwwwwwwwwwwww」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:25:16.52 ID:M2h1JF0T0
>>19
ワロタ

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:25:09.42 ID:BcpBWavc0
トランクス「パパ!」

マルフォイ「おやおや、こちらが君の自慢のサイヤ人の王子(笑)かい?」

ベジータ「……」 ビキビキ

ヤムチャ「お、おいベジータ、子供の言う事だからさ、な?」

マルフォイ「やれやれ、やっぱりマグルの考えることは理解できないね、こともあろうにサイヤ人(笑)の王子(爆)だなんて」

マルフォイ「僕じゃあもう、とてもじゃないけど名乗れないよwwwwwwwww」

マルフォイ「いやあ、やっぱりマグルは流石だよwwwwwwなあゴイルwwwwwwww」

ゴイル「うんうんwwwwwwwww全く……」

超ベジータ「きっさまぁぁぁぁ!!!!」 バチィッ

マルフォイ「!!?」 フォイッ

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:31:59.46 ID:BcpBWavc0
ヤムチャ「お、おいベジータ!!」

トランクス「よーし!やっちゃえパパ!」

ベジータ「ふん、当然だ……あまりサイヤ人を舐めるなよ!!!」 バチバチ

マルフォイ「ひ、ひぃぃ……」

ルシウス「どうしたドラコ」 オヤフォイ

マルフォイ「ち、父上!」

ベジータ「ちっ……貴様がこのガキの父親か……」

ルシウス「そうだが……」

ベジータ「ふん……いいか、今回は見逃してやる、だが次は容赦せんぞ!」 キッ

マルフォイ「ひっ」

ベジータ「子供の躾はしっかりしておくんだな……行くぞトランクス!!」 バウッ

トランクス「あ、ま、待ってよパパ!!」

ルシウス「……」

ヤムチャ「あ……じゃ、じゃあそういうことで!」 タッ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:42:25.60 ID:BcpBWavc0
漏れ鍋

ベジータ「チッ……何だったんだ今の奴らは……」

ヤムチャ「魔法界には今の親子みたいに純潔にこだわる奴もいるんだよ」

ダンブルドア「ほっほ、元気そうじゃのう、ヤムチャ殿」

ヤムチャ「あっ、ダンブルドア先生!お久しぶりです!」

ベジータ「なんだこの爺さんは」

ヤムチャ「バカ!ホグワーツの校長のダンブルドア先生だよ!」

ベジータ「なんだと!?ということは貴様が例の手紙の仕掛け人か……!」

ヤムチャ「ま、まだ気にしてたのかよ……」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:51:36.58 ID:BcpBWavc0
ベジータ「ふん、丁度いい、貴様に会ったら少し懲らしめてやろうと思っていたところだ」

ダンブルドア「ほっほ、わしのほうもベジータ殿に話があったのじゃよ、少し良いかの?」

ベジータ「ほう……?」

ダンブルドア「実は貴方に我がホグワーツでの教師になって頂こうと思ってのう」

ヤムチャ「ええっ!?」

ベジータ「教師だと!?」

ダンブルドア「うむうむ、最近の子達は魔法に頼ってばかりで体が弱い者が多くてのう」

ダンブルドア「そこを優秀な武道家である先生に鍛えてもらおうと思ったのじゃよ」

ヤムチャ「い、いやいやいや、無理ですよ!絶対無理ですよ!!絶対無理ですよ!!!」

トランクス「ヤムチャさん言いすぎだよ!!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:57:07.71 ID:RSxav5+A0
久々に最後まで読みたいSSスレに会った

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 15:57:09.89 ID:BcpBWavc0
ベジータ「ふん、面白い……良いだろう」

ヤムチャ(冗談だろ……)

ダンブルドア「ほっほっほ、引き受けてくれますか、感謝しますぞベジータ先生」

ベジータ「だが一つだけ条件がある」

ダンブルドア「ほっほ、何でも言ってくだされ」

ベジータ「トランクスと一緒に俺にも魔法とやらを教えやがれ!!」

ヤムチャ「えっ」

トランクス「えっ」

ダンブルドア「ほっほっほ」

ベジータ(くくく……この俺でさえあの手紙は全て消滅させることはできなかった)

ベジータ(この魔法学校とやらで技を身に付けて今度こそカカロットと差をつけてやる!!)

ベジータ(待っていろよカカロット……ふふふ……はーっはっはっは!!!)

37 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 2012/03/30(金) 16:04:05.95 ID:aUoRdXIM0
魔法に興味あるならブウや界王神に教えてもらえよ

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:11:42.90 ID:BcpBWavc0
9と3分の2番線

ベジータ「チッ……汽車だと、くだらん、飛んでいった方が早い」

ヤムチャ「まあまあ、のんびり行った方が良い事ってのもあるんだぜ?」

トランクス「そうだよパパ!汽車で行った方がきっと楽しいよ!」

ブルマ「でもヤムチャはすぐに行っちゃうんでしょ?」

ヤムチャ「ああ、新入生の歓迎準備とかもあるからな、行くぜベジータ」

ベジータ「なに?俺も一緒に行くのか」

ヤムチャ「ああ、お前も一応は教師だからな、早めに行って用意しようぜ」 バシュッ

ベジータ「ふん……おいトランクス、一人で大丈夫か?」

トランクス「うん!大丈夫だよ!」

ベジータ「……チッ、おいブルマ、お前も一緒にいてやった方が」

ブルマ「いいから早く行きなさいよベジータ」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:17:41.03 ID:BcpBWavc0
ハリー「あ、ねえ君も新入生?一緒に乗らない?僕一人だけでちょっと……」

トランクス「うん、いいけど……あれ、それなに?」

ハリー「え?ああフクロウだよ、ダイアゴン横丁で買ってもらったんだ」

トランクス「ふーん……ペット連れてってもいいんだ……俺も何か買ってもらえばよかったなあ」

ベジータ「……チッ、ヤムチャの奴め肝心なことを……おいトランクス!」

トランクス「なにパパ?」

ベジータ「ペットが欲しいならこいつをくれてやる、学校に着いたら土に撒いてみろ」

ハリー「ペットって……この種が?」

ベジータ「ああ、くっくっく、フクロウなんぞよりよっぽど優秀なペットだぞ、じゃあなトランクス!」 バシュッ

トランクス「うん!またねパパ!」

ハリー(すごいなあ、魔法使いって飛べるんだ)

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:18:41.83 ID:Iso9VULG0
サイバイマンワロタ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:29:03.03 ID:BcpBWavc0
そして汽車内

トランクス「くっそー、またニコラスだ!」

ハリー「残念だったね」

ロン「ねえハリー、こっちのチョコ貰っていいかな?」

トランクスは早くも会ったロン・ハリーと打ち解けていた

ハリー「二人とも親も魔法使いなんだよね、すごいなあ」

ロン「君の方が凄いじゃないか!あのハリー・ポッターだもん!」

トランクス「へへーん、でもうちのパパだってすっごいんだぜ?」

ロン「へえ、トランクスのパパってなにしてる人なの?」

トランクス「へへーん、実はパパがね、今日からホグワーツで教師やるんだよ」

ハリー「へぇ!すごい!」

マルフォイ「へぇ、それは驚いた、まさかマグルが教師になるなんてね」 ガラッ

ロン「黙れマルフォイ!」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:29:58.17 ID:7THxN/0T0
黙るフォイ! に見えた

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:33:47.07 ID:BcpBWavc0
マルフォイ「おやおや、サイヤ人にマグルひいきのウィーズリーか、お似合いの組み合わせだね」

ロン「なんだと!?」

マルフォイ「ポッター君、友達は選んだほうが良いよ、僕らのコンパートメントに来ない?」

ゴイル「ぶへへへwwwwwwwwww」

ハリー「ごめん、悪いけどトロールと仲良くする趣味はないから」

クラッブ「なんだとテメェ!!」

マルフォイ「……ふふん、そうか、断るんだったらこっちもそれなりの態度をとらせてもらうよ」

マルフォイが目線をやるとクラッブ・ゴイルが太い体を揺らしてコンパートメントへ体をねじ込んできた

マルフォイ「やれっ!クラッブ!」

クラッブ「くらっぶー!」 バキィッ

ロン「だぁっ!」

ハリー「ロン!」

トランクス「こいつ!やったなぁ!」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:38:05.08 ID:BcpBWavc0
マルフォイ「おやおや、やる気かい?あのサイヤ人の王子もいないのにwwwww」

ハリー「黙れマルフォイ!」

トランクス「そうだ!黙れマルフォイ!」

マルフォイ「ふん、黙るのは君たちだ!いけゴイル!」

ゴイル「どりゃーっ!!」 バキンッ

ハリー「トランクス!」

マルフォイ「はーっはっはっは!ざまあ見……」

ゴイル「ぎゃああああああああああああああああ!!!!!」

マルフォイ「!!?」 ビックリフォイ

マルフォイが目をやると殴ったゴイルの拳から血が噴出していた

ゴイル「ぐっ……うう……」

トランクス「どうしたの?もっと殴ってもいいんだぜー?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:39:16.35 ID:s+wxkPvY0
トランクス強すぎワロタwwww

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:44:19.68 ID:BcpBWavc0
クラッブ「こ、こいつ!」 ガン ガン

クラッブが懸命にトランクスへと殴りつけるがビクともしない

クラッブ「な、なんだこいつ……!」

トランクス「あれ?もう終わり?じゃあこっちから行くよ!」 スッ

言うとトランクスがクラッブの額にデコピンを繰り出し、その巨体が吹き飛んだ

クラッブ「ウギャアーーーッ!!!」 ベチィィッ

マルフォイ「く、クラッブ!」

ゴイル「ち、ちくしょー!覚えてやがれ!!」

マルフォイ「こ、このマルフォイ家を敵に回したらどうなるか覚えておけー!!」 ダッシュフォイ

ロン「へっ、おとといきやがれ!!」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:47:09.56 ID:y1FLpKNl0
ハリー空気wwww

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:47:55.14 ID:BcpBWavc0
ホグワーツ

ハグリッド「イッチ年生はこっちだ!イッチ年生はこっちだ!」

ハリー「ハグリッド!久しぶり!」

ヤムチャ「ようトランクス、一人で大丈夫だったか?」

トランクス「ヤムチャさん!へへ、全然平気だったよ!」

ロン「なんだよ、二人とも知り合いいたの?」

ヤムチャ「ははは、まあな、じゃあこっちの馬車に乗ってくれよ」

トランクス「ねえヤムチャさん、パパは?」

ヤムチャ「んー、今頃他の先生と話してんじゃないかな?」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:50:16.67 ID:vD1fL4uZO
ハーマイオニー「え…私は?」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 16:59:58.87 ID:BcpBWavc0
ダンブルドア「えー、というわけで新任の戦闘術教師のベジータ先生じゃ、よろしく頼みますぞい」

ベジータ「くくく、この俺が新しく教師になったベジータ様だ!厳しく教えてやるから覚悟しやがれ!!」

ロン「ねぇハリー、あの先生ちょっと不安じゃない?」 ヒソヒソ

ハリー「うーん、ちょっと変な服装だよね」 ヒソヒソ

トランクス「大丈夫だよ、パパは戦闘力なら本当に凄いんだから」 ヒソヒソ

マクゴナガル「ではこれから組み分けを始めます、アボット・ハンナ!」

ハンナ「は、はい!」

ロン「なんだ!僕らは帽子を被るだけでいいんだ!フレッドの奴トロールと戦わされるとか言って!」

トランクス「へへへ、俺はそっちのが良かったかなあ」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:04:19.25 ID:BcpBWavc0
そんなこんなで組み分けが進み、トランクスの番がやってきた

トランクス「へへっ、どこの寮かなーっと」 ズボッ

組み分け帽子「グリフィンドォォォル!!!」

ベジータ「む、早いな」

フリットウィック「グリフィンドールはマクゴナガル先生の寮ですじゃ、勇気ある者の寮ですな」

ベジータ「ふん、そういうことか……ならば当然の結果だな」

マクゴナガル「えー、生徒の組み分けは以上で終了しましたが、ここでベジータ先生にも……」

組み分け帽子「グリフィンドォォォォル!!!!!」

ベジータ「……ふん、当然だ」

マクゴナガル(被ってすらいないのに……)

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:14:54.67 ID:Bw5LbTAV0
力に飢えしスリザリンだろ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:15:08.77 ID:BcpBWavc0
ダンブルドア「おめでとう新入生!お帰り在校生!まずは宴じゃ!大いに楽しんでくれ!」

ダンブルドアがそう言うと目の前のテーブルに沢山の料理が出現した

ベジータ「な、なにぃ!?こ、これが魔法か……!?」

クィレル「さ、さささ、ど、ど、どうぞ食べてください、べべ、ベジータ先生」

ベジータ「ふん、言われるまでもない!」 ガツガツ

トランクス「わあ!こりゃおいしいや!!」 ガツガツガツ

ロン「す、すっごい食べるなあ……」

ハーマイオニー「あの体のどこに入ってるのかしら……」

パーシー「ううむ……魔法かなあ……」

ベジータ「む、貴様は食わんのか?」 ガツガツガツ

クィレル「い、いい、いえ、わ、私はここ、これだけで」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:17:50.30 ID:NOXprT8a0
ハーマイオニー初登場か

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:23:05.90 ID:BcpBWavc0
そしてトランクスのホグワーツでの生活が始まった!

スネイプ「では今日から魔法薬学の授業を始める」

ハーマイオニー「待ってください先生!質問があります!」

スネイプ「なにかね、ミス・グレンジャー?」

ハーマイオニー「なぜ戦闘術の教師であるベジータ先生がいるんですか?」

ベジータ「ふん、言ってなかったか?俺も貴様らと同じく魔法を学ぶとな……」

マルフォイ「へぇぇ、先生様が僕ら一年生と一緒に授業を?こんなのに何を学べっていうんだろうねえ?」

ベジータ「黙れマルフォォォイ!!!」 

マルフォイ「ひっ」 ビクフォイッ

スネイプ「やかましいですぞベジータ先生、グリフィンドールに10点減点ですな」

ベジータ「なっ、なにぃ!!?」

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:30:04.22 ID:BcpBWavc0
フリットウィック「では今日は物質浮遊の呪文ですな、それ、ビューン・ヒョイですじゃ」

ロン「ええっと……ウィガーディアムレビョーサ!」 ペリョーイ

トランクス「ウィガーディアムレビー波!」 ボンッ

ハリー「ダメだ、結構難しいね」

トランクス「本当だよなー、何回やっても爆発しちゃうや」

ハーマイオニー「あなたたち発音が悪いのよ、ウィンガーディアム・レディオーサ!」 ヒョイッ

フリットウィック「おい、素晴らしいですな、ミス・グレンジャー」

ベジータ「ふん、くだらん、こんなもの……ウィンガーディアム・レディオォォーサァァァッ!!!」 ボォォンッ

ベジータ「……へっ、汚い花火だぜ」

フリットウィック「ベジータ先生、爆発させてはいけませんぞ」

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:34:29.59 ID:gDzHWE510
教室吹き飛ぶぞwwww

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:35:46.69 ID:BcpBWavc0
そして、戦闘術の初授業、ベジータのつける授業の日がやってきたのであった

ベジータ「ふん、俺の授業は校庭でグリフィンドールとスリザリンの合同授業だ、覚悟しやがれ!」

ロン「げー、マルフォイの奴がいるよ」

ハリー「大丈夫だよ、ベジータ先生の前じゃ何もやらないだろ」

ベジータ「くくく、俺の特訓は厳しいぞ……貴様ら!この装置の近くに寄りやがれ!」

そう言うとベジータはカプセルから円形の機械を出し、校庭の中心へと置いた

ハーマイオニー「先生!その機械は何ですか?マグルの機械はホグワーツ内では通常……」

ベジータ「ふん、こいつは授業で使うからダンブルドアの野郎に改造してもらった、重力制御装置だ」

ベジータ「貴様らには手始めにこの重力50倍の中で組み手をしてもらう!!」

生徒達「!!?」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:37:16.25 ID:byhohim50
おいwwwww50倍って体重いきなり50x50=2500kgからっすか!?

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:39:39.66 ID:BcpBWavc0
ベジータ「どうした?早く来い、たかだか重力50倍ぐらい平気だろう」

トランクス「よっ……と、みんな早くおいでよ!」 ズンッ

ネビル「で、でも……」

ハリー「じゅ、重力50倍ってどのぐらいだろう」

ロン「僕ちょっと行ってみようかな……」

ハーマイオニー「ダメ!そんな重力を受けたら死んじゃうわよ!」

ベジータ「ええい!さっさと来やがれ!俺を怒らせたいかぁ!!」

ネビル「で、でもベジータ先生を見てると割りと平気っぽいような……」

ハーマイオニー「あれは先生が狂ってるだけよ!!!」

ハリー「ハーマイオニーって結構キツいこと言うよね」

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:44:43.48 ID:RY8rq2Nt0
ハーマイオニー「先生が狂ってるだけよ!」

クッソ吹いた

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:44:52.90 ID:BcpBWavc0
ベジータ「ええい、どうした!さっさと誰か来やがれ!!」

トランクス「よっ、101、102、103、104……」

ハリー「うわあ、トランクスったら凄い速さで腕立てしてる」

ネビル「や、やっぱ言うほど大変じゃないんじゃないかな」

ロン「なんかそんな気がしてきたな……」

ハーマイオニー「ちょ、ちょっと!ダメよみんな!行っちゃダメ!」

ヤムチャ「ようベジータ!今日が初授業か?」

ベジータ「ヤムチャか……チッ、その通りだが誰もこっちに近付かん……」

ヤムチャ「やれやれ、一体どんな授業を……っぐわああああああああああ!!!!」 ズンッ

生徒達「!!?」 ビクゥッ

ヤムチャ「お……お前……イキナリこの重力で授業は無理だろ……」 ズズ……

ベジータ「ちっ……体を鍛えていないからそうなるんだ」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:49:32.63 ID:Wl3y/Y7+0
ヤムチャも十分強いんだけどなwww

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:50:06.30 ID:BcpBWavc0
ヤムチャ「ゼェ……ゼェ……い、いいか……地球人はサイヤ人みたいに……重い重力に慣れてないんだよ……」

ベジータ「チッ……なら重力修行は辞めてやろう……」

ハーマイオニー(やった!やったわ!)

ロン(うわあ、ハーマイオニーすごい嬉しそう)

ベジータ「代わりに腕立て全員百万回だ!10分あれば出来るだろう!!」

ヤムチャ「出来るかよ!!」

ベジータ「ちぃ……さっきからゴチャゴチャと……どうしろというんだ!!」

ヤムチャ「まだ最初の授業だろ?だったらまあ校庭ランニング10周とかさ……」

ベジータ「じゅ、十週だと!?ヤムチャ貴様ぁ!!俺をバカにしているのか!!!」

ヤムチャ「一般人はそれでも結構大変なんだって!」

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:50:58.81 ID:3NwUgWps0
このヤムチャ結構常識的だな

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:57:01.06 ID:BcpBWavc0
そんなこんなでヤムチャの提案をベジータも渋々と了承し、授業が終わった

ハーマイオニー「はぁ……はっ……はぁ……」 ゼー ゼー

ハリー「は、ハーマイオニー大丈夫?」

ハーマイオニー「は……話しかけないで……は……吐きそう……」ゼーゼー

マルフォイ「ふふ……ま、マグルの汚れた血は……げほっ……こ、この……程度……」 ゼーゼー

ネビル「 」

パーバティ「大変!ネビルが息してないの!」

ベジータ「じゅ、十週ですら……だと……ちぃ、どうやら本当に厳しく鍛えてやる必要がありそうだな……」

ヤムチャ(武天老師様にちょっと相談してみるか……)

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 17:57:58.15 ID:IfD04b820
>パーバティ「大変!ネビルが息してないの!」
もうwww腹筋がwwwww

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:04:22.44 ID:BcpBWavc0
ハグリッドの小屋

ロン「言っちゃ悪いけど鬼みたいな奴だよ君の父さんは!!」

トランクス「そうかなあ、前からこんな感じだったけど」

ハーマイオニー「あ、あなたの家ってどうなってるのよ……うう、おなかいたい……」

ヤムチャ「で、トランクスはどうして小屋に来たんだ?」

ハグリッド「もう授業は終わってるだろうが、あんま遅いと危ないぞ!ほれ!」

トランクス「大丈夫だよ、パパから貰った種を埋めるだけだから」

ロン「種?」

トランクス「うん、この種を埋めとけばペットが出来るんだって」

ハーマイオニー「本当に?そんなもの聞いた事ないけ……」

サイバイマン「キキ-ッ!」 モコモコ

ヤムチャ「う、うおおおおっ!!!?」 ガクガクブルブル

トランクス「すごいや!本当に出た!」

ハーマイオニー「き、気持ち悪っ!!」

ハグリッド(……イカす!)

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:05:59.41 ID:vYxYGdm70
>ハグリッド(……イカす!)
じゃねーよwww

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:11:34.65 ID:BcpBWavc0
フーチ「本日は飛行訓練の授業です、では皆さん箒に手をかざして……上がれ!」

ハーマイオニー「上がれ!」 シーン…

ハリー「上がれ!」 バシッ

トランクス「上がれ!やった!」 バシッ

ベジータ「ええい!上がりやがれぇぇ!!」 ボンッ

フーチ「ベジータ先生!箒を爆発させないでください!」

ベジータ「……ふん、自分で飛んだほうが早いからな」

フーチ「全く……では私の合図で皆さん地面を蹴って……」

ネビル「うわああああああああああ!!!」

ハリー「ネビル!!」

凄まじい速さで飛び上がったネビルは壁にぶつかり、ポキッという嫌な音と共に地面へ落ちた

ベジータ「……チッ、馬鹿め、気のコントロールを怠るからそうなるんだ」

ハーマイオニー(箒すら持って無い人が何か言ってるわ)

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:15:13.91 ID:gz0JCHj90
ネビル……お前がナンバーワンだ

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:18:37.96 ID:BcpBWavc0
フーチ「私はロングボトムを保健室へ連れて行きます!皆さんはそのまま動かないように!」

ベジータ「ふん、俺も行こう、情けないが箒が無ければどうにもできん」

マルフォイ「……あっはっは!見たか!?さっきのあのアホ面を!!」

スリザリン生「ワハハハハ」ドッ

マルフォイ「おや、しかもこれは今の奴のフォイ玉じゃないか!」

ハリー「それをこっちに渡せマルフォイ!」

マルフォイ「ふん……ここまで取りにこいよポッター!」 ヒューン

ハリー「あいつ!」

ハーマイオニー「ダメよハリー!先生が言ったでしょ!動いちゃダメって……きゃっ!」

クラッブ「へへへ!見ろよ!あのクソビッチの杖だぜ!」

ロン「あいつ……うわっ!!」

ゴイル「ヒューッ!やっぱ貧乏人はボロい杖使ってんなwwwwwwwwwwww」

ハリー「あいつらっ!」 ヒューンッ

マルフォイ「ははは!捕まえられるもんなら捕まえてみろポッター!」 ビューン フォイ

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:22:42.31 ID:NSkpPxNU0
フォイ玉ワロタwww

207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:23:50.52 ID:BcpBWavc0
ロン「僕の杖が!」

ハーマイオニー「降りてきなさいよ!卑怯よ!」

クラッブ「へへーん!来れるもんなら来てみ……」

トランクス「よーし!じゃあ行っちゃうからね!」

クラッブ「へっ……」

トランクス「だっ!!」 バウッ

高速で飛び上がったトランクスは、そのままクラッブの持った杖を奪い取り、箒を叩き折った!

クラッブ「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」 ドサーッ

ゴイル「く、クラッブー!!」

トランクス「さーて、次はこっち行っちゃうよ!」 バウッ

ゴイル「ひっ!箒が……うわああああーーーっ!!!」 ドシャーーッ

トランクス「へへーん!ざまーみろ!!」

ロン「あ……あれ普通に飛んでるよな……」

ハーマイオニー「箒持ってないわよね……」

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:28:09.91 ID:vYxYGdm70
ベジータが箒またがってる光景とかシュールだな

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:30:11.19 ID:BcpBWavc0
その後、ハリーがマルフォイからネビルの思い出し玉を取り戻すが

現場を目撃したマクゴナガル先生にトランクスとハリーは連れて行かれてしまう、そして

マクゴナガル「見つかりました!シーカーですよ!シーカー!」

ウッド「マジかよ!やったぜ!」

ハリー「シーカー?」

クィディッチチームのキャプテンであるオリバー・ウッドからクィディッチについて聞かされる二人

トランクス「じゃあ俺達そのクィディッチに出られるの!?」

ウッド「ああ、と言ってもシーカー以外のメンバーは決まってるからトランクスは補欠になるが……」

トランクス「そっかー、ていうか俺さ、箒に乗ってないけど大丈夫なのかな?」

マクゴナガル「ルール上は箒を掴んでさえいれば問題ありません」

ハリー「それって微妙にズルなんじゃ……」

マクゴナガル「箒を持ってさえいれば問題ありません!問題無いのです!ポッター!」

ハリー「は、はい」

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:32:39.57 ID:Iso9VULG0
なんだフォイ玉は
キャン玉かと思ってた

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:39:08.65 ID:BcpBWavc0
それから瞬く間に数ヶ月が過ぎ、ハロウィーンの日が訪れた

そして、その日の戦闘術の授業

ベジータ「ええい!何度言えば分かるトランクス!それでは隙が多すぎる!!」 ババババ

トランクス「いたっ!くっそうパパめーっ!!」 バババババ

ヤムチャ「はい、みんな今日はここまで!サイバイマン水を配ってやってくれ」

サイバイマン「キキーッ!」

ロン「サンキュー、ふう、僕この授業が始まってから腕太くなったよ」

ネビル「凄いなあ、僕まだ腕立て50回ぐらいしかできなくって」

ロン「ハーマイオニーよりマシさ、あいつ全然筋肉付いてないんだから」

ロン「頭でっかちでいっつも偉そうにしてるくせにさ、へへ、全然弱っちいんだ」

ハーマイオニー「っ……!」 ダッ

ハリー「聞かれたみたいだよ?」

ロン「へん、聞かせてやればいいのさ、あんな奴」

ベジータ「ふん、トランクス、明日は重力200倍でやるぞ」

トランクス「200倍かー、キッツいなー」

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:42:10.09 ID:mGKxxWS10
よかった・・・トラウマは解消されたみたいだ

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:44:24.03 ID:BcpBWavc0
そして夕食の時間……

ハリー「ハーマイオニーいないね、どこ行ったんだろ……」

ロン「気にする事ないさ」

ダンブルドア「えー、今日はハロウィンパーティーじゃ!大いに楽しんで……」

その時バーンという大きな音と同時にクィレル先生が食堂へと駆け込んだ

クィレル「はぁ……ト、トロールが……お知らせしなければとお、思い……」

ロン「トロールだって!?」

トランクス「トロール?」

ロン「ヤバいぐらいデカい怪物だよ!あんなもんに出くわしたら……まあトランクスは大丈夫だろうけど」

トランクス「強い奴なのか!楽しみだなー!」

ダンブルドア「はいはい、監督生は格寮生を連れて避難じゃ!」

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:52:10.38 ID:BcpBWavc0
ベジータ「ふん、トロールか……運動ぐらいには……む?」

生徒達の避難の最中、ベジータは他の教員とは明らかに違う動きをするクィレルに気付く

ベジータ「奴め……どこに行きやがる……!」 スッ

気を消してクィレルの後をつけると立ち入り禁止の三階廊下へと辿りつく、そして……

スネイプ「おやおや、クィレル教授、こんなところに何の用かな」

ベジータ(なにぃ!?スネイプだと!?先回りしてやがったのか!!)

クィレル「わ、私は……その、そ、そうだ、トロールを倒さなければ……」 ササッ

クィレルはスネイプを見て慌てふためいた様子で立ち去る

ベジータ「スネイプ!貴様らどういうことだ!この俺に何を隠してやがる!」

スネイプ「ベジータ先生……ふむ、そうですな……貴方にも話しておくべきかもしれませんな……」

ベジータ「ゴチャゴチャ言わずにさっさと話しやがれ!間に合わなくなっても知らんぞ!!」

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:55:26.80 ID:BcpBWavc0
その頃、ハリー達はハーマイオニーを助けるために女子トイレへ向かっていた

ハリー「トロールが女子トイレに向かったってパーシーが言ってた!」

ロン「あそこにはハーマイオニーがいるんだ!急がないと!」

トランクス「じゃあちょっと急いじゃおっかなー、よーい……どんっ!!」 バウッ

ロン「うわっ!はっ、早っ!」

ハリー「はあ、トランクスに任せとけば大丈夫じゃないかな」

ロン「ああ、でも僕らも急ごう!」



トランクス「……あり?女子トイレってどっちだ?」


トランクスは迷子になっていた!

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 18:59:23.59 ID:BcpBWavc0
ハーマイオニー「あーもう、何なのよロンったら……私だって……」 ガチャ

トロール「ガルルルル……」

ハーマイオニー「……きゃああああ!!!」

トロール「ウヘヘヘ……オレオカス……オニャノコオカス……」 ズン ズン

ハーマイオニー「ひっ……きゃあっ!!」 ブオンッ

トロールの振り回す棍棒をすんでのところでかわすハーマイオニー

ハーマイオニー「な、なんなのよ……私ばっかり……きゃあっ!」 ブンッ

またしてもトロールの棍棒をかわすハーマイオニー、そして気付く

ハーマイオニー「あ……あれ……?これって……ふっ!」 ブオンッ

トロール「フゴッ!?」

ハーマイオニー「見える……敵の攻撃がちゃんと見えるわ!」

三度トロールの攻撃をかわしたことで、ハーマイオニーの目に力が漲りつつあった

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 19:00:23.87 ID:qaGWj2Gp0
えっ

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 19:00:34.16 ID:+59uANlD0

トロールお前らじゃねぇか


PART2へはこちら